インパクトのビットが折れた!抜けない!そんな時の対処法の紹介

長いビスを締めたりなど、強い負荷がかかる作業をした後はビットが噛み込んで抜けなくなることがあります。

そんな抜けないビットを抜く方法、それは玄能などで横から軽く叩くんです。

それで抜けなかった場合は潤滑油をさしてしばらく放置するのも一つの手です。

この記事ではビットが抜けなくなった時の対処法や予防策についてまとめています。

この記事を読めばビットが抜けなくなって路頭に迷うことはなくなります。

ですが無理は禁物なので、難しいと思ったらまずは販売店にご相談下さい。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

インパクトのビットが抜けないときの対処法(追記:2020-03-25)

インパクトドライバーからビットが抜けなくなった時の対処法は2つあります。

  1. ビットを横から軽く叩く
  2. 差し込み部に潤滑油をさす

それぞれのパターンについて解説していきます!

ビットを横から軽く叩く方法

ビットを抜くために横からビットを叩いている写真です。

まずはインパクトのビットを玄能などで横から叩いてみましょう。

ビットが噛み込む原因はインパクトドライバーの打撃によるもの。

強い打撃が加わったことでビットを抑えてるボールが噛み込んで動かなくなったのが原因と考えています。

その噛み込んだボールを動かすためには、写真のように横から数回コンコンとやさしく叩いてから抜いてみると抜ける場合がほとんどです。

 

差し込み部に潤滑油をさす方法

潤滑油を指す場所の写真です

それでも取れない場合は、ビットの差込部(赤矢印部分)にクレ556やベルハンマーなどの潤滑油を少量さしてみましょう。

現場の人はエア工具に使うスプレーでもいいと思います。

浸透するのに時間がかかるため、少し時間をおいてから抜くといいでしょう。

軽く叩いても取れない場合は、潤滑油をさす方法と併用すればほとんど取れると思います。

 

インパクトのビットが抜けなくなることを防ぐ方法(追記:2020-03-25)

差し込み部分に定期的に潤滑油をさす

ビットの差し込み部分には数ヶ月に1度でいいので、潤滑油をさすことをおすすめします。

前述の通り、ビットを抑えているボール部分がインパクトドライバーの打撃で噛み込んだことが原因で抜けなくなると考えられます。

そのため予防として潤滑油で滑りを良くしておくと噛み込みを防ぐことができると思います。

先端が折れた両頭ビットを使わない

先端が折れているビットを差し込んで使うとこの現象が多発しているように感じます。

おそらくビットを抑えるボール部分に何らかの負荷がかかって噛み込むのだと思います。

 

参考記事>>これで迷わない!ビット交換の3つの目安を紹介!

インパクトのビットが折れたときの対処法(追記:2020-03-25)

インパクトドライバーのビットが折れたときは、上記のビットが外れない現象を併発していることがほとんどです。

ですのでまずは軽く叩いてから潤滑油をさしてみましょう。

 

折れたビットがペンチなどでつかめる時

折れたビットを抜く手順
  • 1、差し込み部分に潤滑油をさす
    クレ556やベルハンマーなどの潤滑油をさしましょう。
  • 2、折れたビットを軽くたたいてみる
    折れたビットを玄能などで軽くたたいてみます。
    直接たたけない場合は釘締めや釘、ビスなどでたたきましょう。
  • 3、ペンチでつかみ、引っこ抜く
    インパクトドライバーのスリーブ部分を持ち上げながらペンチでつかんで引っこ抜きます。

 

差し込み部の根元で折れてしまった場合

この場合が一番最悪で、自力で取れない場合はメーカーに送って取ってもらわなければなりません。

これから紹介する方法はあくまで自己責任の上行って下さい。当サイトで責任は負えません…。

根元で折れたビットを抜く手順
  • 1、まずは潤滑油をさす
    まずはとにかく潤滑油をさしてみましょう。
    この場合は浸透力の高いベルハンマーがおすすめです。
    ベルハンマーは浸透力が非常に高いため、スプレーするだけで外れるかもしれません。
  • 2、折れたビットを叩いてみる
    ビットの噛み込みを併発している可能性が高いので、
    釘締めなどの細くて硬いもので押し込むように軽く叩いてみましょう。
    強くたたきすぎないよう注意して行ってください。
  • 3、スリーブを持ち上げながらヘッドの後ろからたたく
    インパクトドライバーのビットを抜くようにスリーブを持ち上げ、ヘッドの後ろからトントンと叩いてみましょう。
    うまくいけばスルッと抜けてくれます。

これで取れなかったら修理に出そう

大工さんの中には自力で分解して取り外すツワモノもいますが、上記のやり方で取れなかったらメーカーに修理に出すことをおすすめします。

お近くの販売店や、最寄りのホームセンターにご相談下さい。

スポンサーリンク

まとめ

  • まずは潤滑油を差し込み部にさす
  • ビットが外れなくなったら横から叩いてみる、だめなら潤滑油をさしてもう一回
  • ビットが折れたら横から叩いてから外してみる
  • 根本から折れたらベルハンマーなどの潤滑油をさして叩き、スリーブを引っ張りながらトントンする

このような方法で取れる場合がありますので、修理に持ち込む前に一度試してみてください。

こちらに書いている方法は確実に成功を保証するものではありません。
また、この方法で生じたいかなる不利益に対しても責任を負えませんので、自己責任でお願いします。

本記事で紹介した、クレ556よりも強力な浸透性の高いスプレーはこちら。浸透力が違います。

\ビットも外れる最強の浸透力!/

コメント

タイトルとURLをコピーしました