ど真ん中に下穴が簡単にあけられる!スターエム「センター一発」

 

階段手すりや丁番の取り付け時など、取り付け部材がずれてほしくないシーンは意外と多いです。

ビス穴に下穴を開けてからまたビス打ち、という作業も面倒。

そんな作業にはスターエム センター一発がめちゃめちゃ便利です。

あてがって押し付けるだけでビス穴ど真ん中に下穴開け。

脱着もインパクトドライバーにプラスビットを装着したままでOK。

建具屋さんも大工さんも1本は持っておくべき、スターエム「センター一発」の紹介です。

とまこまい
とまこまい

下穴あけがもっとかんたん&楽になった!

 

リンク

 

スポンサーリンク

丁番の取り付け、階段手すりの取り付け作業に

皿取りした穴の中心にビスを打ち込むのは慣れが必要。

少しでも下穴がずれたら取り付け位置は微妙にずれてしまうものです。

スターエム「センター一発」は装着して押し付けるだけで、皿取りした穴のど真ん中に下穴を開けられるすぐれものです。

 

センター一発の使い方動画

スターエムの公式チャンネルに、使用方法の動画があるのでご紹介します。

STAR-M 503W センター一発

引用:スターエム公式サイト

 

ガイド部が皿穴にフィット

「センター一発」の先端は皿穴にフィットする構造で、的確に皿穴のど真ん中を捉えます。

そしてインパクトドライバーを回転させながら押し込むと、先端から内蔵されたドリルが出てきて下穴を開けます。

ビス穴の中心を捉えて下穴を開けているため、金具がずれることなくど真ん中にビスを打ち込むことができるわけです。

 

脱着も片手で簡単

両頭ビットを取り付けた状態で「センター一発」をかぶせれば取り付け完了。

取り外しもスリーブ部分を上げるか下げるかしたまま引き抜くだけ。

片手で簡単に脱着が可能でスムーズに作業できます。

 

ガイド部は脱着可能、内蔵の錐も交換可

ガイド部は取り外し可能。

通常の鉄工ドリルとしても使用できます。

もしドリルが折れたとしても、側面のイモネジを緩めれば市販の鉄工用ストレートドリルを付け替えることができます。

その場合はガイド部からドリルがはみ出さないよう、長さに注意してください。

 

 

サイズは4種類

サイズはSS(キリ径2ミリ)、S(2.4ミリ)、M(2.8ミリ)、L(3.2ミリ)の4種類あります。

手すり金具や丁番、サッシの取り付け時などに最適です。

 

まとめ

  • ガイドが皿穴の中心を捉えて押し付けるだけで下穴あけ
    プラスビットをつけたまま装着可能
    脱着も片手で簡単、スリーブを上下させるだけ
    錐が折れても市販の鉄工ドリルと交換可能
    サイズも4種類、作業に応じて使い分け

丁番や手すりなどの取り付け作業が多い方には持っておいてほしい工具です。

これさえあれば一発でど真ん中に下穴が開くので、取り付け位置もずれることなくきれいに決まりますね。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました