なめたネジが外せる!アネックス「なめたネジはずしビット」

 

皿ネジがなめてしまって取れなくなったことありませんか?

ナベ頭のネジはペンチでつかめますが、皿ネジはつかめないので外す時かなり手ごわいです。

ペンチでつかめないようなネジを外したい時はアネックス「なめたネジはずしビット」がおすすめです。

ドリル部でネジ頭に穴を開け、反対のネジ部をねじこんで外すことができます。

ステンレスネジにも対応し、サイズも3種類あるので活躍の場が広いのも嬉しいです。

今回はアネックス「なめたネジはずしビット」の紹介です。

 

スポンサーリンク

潰れた皿ネジを取るのはかなり手ごわい

皿ネジは素材とツライチに納まるので、ネジ頭が潰れたら掴むことができません。

インパクトドライバーや電動ドライバーでゆっくり回しても、頭を潰してしまうことはあると思います。

 

ドリル部で穴あけ、ネジ部で抜き取る

アネックス なめたネジはずしビットは、ビットの片方がドリル、もう片方がネジ山のついた状態になっています。

使い方は簡単。

まずドリル部でネジ頭に穴を開けます。

そして反対のネジ部を逆転でねじ込み、そのまま回すとネジが抜けます。

つかめないネジもこれなら簡単に抜くことができると思います。

 

ステンレスネジにも対応

ステンレス切削用のオイルが付属しているので、ステンレスネジを外す時にも有効。

ドリルの穴あけ前に数滴たらしてから穴をあけるだけです。

穴あけ時はあまり高速で回転させないよう気をつけましょう。

 

サイズは3種類

ネジの大きさごとに3種類のバリエーションがあります。

M2.5~3のネジには赤、M3.5~5は黄色、M6~8は緑と色分け。

使う際も迷わず使えます。

 

ドリル部、ネジ部は交換可能

思わぬ衝撃が加わってドリル部が折れたとしても、スペアのドリルとネジが標準で付属しています。

六角イモネジをゆるめればドリル部やネジ部の交換ができます。

M6~8対応の商品はドリル部だけの交換になります。

 

 

コーススレッドなど、一部のネジには使えない

コーススレッド、ドリルねじ、タッピングビス、六角穴付きボルトなど、一部の熱処理したネジやボルトには使えません。

熱処理されたネジやボルトは穴あけが難しいため、使用することが難しいようです。

 

まとめ

  • ドリル部で穴あけし、ネジ部で抜きとる
    切削油が付属しているのでステンレスネジにも対応
    サイズは3種類あり、色分けされている
    ドリル部、ネジ部は交換可能
    コーススレッドなど、一部の熱処理されたビスには使用不可
皿ネジのようにつかめないネジがなめたときのお助け役として活躍してくれることうけあいです。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました