壁際のナットも楽に締めつけ!ベッセル「首振りソケット」

 

羽子板ボルトを締める時やコーチスクリューをねじ込む時など、もう少し軸が傾いたら届くのに!

という歯がゆい思いをされた方はいませんか?

首振り、軸固定を簡単に切り替えられ、壁際やちょっと狭いところの作業にもってこい。

ベッセル「首振りソケット」の紹介です。

とまこまい
とまこまい

インパクトが邪魔なところも楽だね!

 

 

スポンサーリンク

軸が15度傾くソケット

ベッセル 首振りソケットはその名の通り、軸が15度傾いた状態でナットを締めることができます。

軸が傾斜することで、本体がじゃまにならずに締めつけ。

壁際など、本体が接しそうになる場所での作業がより簡単です。

首振りソケットの画像

引用:ベッセル公式サイト

 

切り替えは軸を引っ張るだけ

首振りモードと通常モードの切り替えは軸を引っ張るだけです。

通常モードで軸を引っ張ると首振りになり、首振りモードのときに軸を押し込むと通常モードに。

インパクトドライバーからの脱着もなく、スムーズに切り替えが可能です。

 

軸に負担がかかりにくい

真っ直ぐな軸のソケットで斜めから締め付けると、どうしても空転してしまうことがあります。

また、斜めから締めると軸に横方向の力が加わり、折れの原因にもなりえます。

首振りソケットは首振りモードの締め付けでしっかりとナットをホールドし、スムーズに作業を行えます。

折れにくいように感じる

私も1年ほど前に17、19の首振りソケットを購入しました。

主に羽子板ボルトや土台のナット締めに使っていますが、ハードに締め付けても軸が折れる気配はありません。

首振りだからといって変なぐらつきもなく、普通のソケットと同じ感覚で使用できています。

今後も使い続けて経過を見ていきたいです。

 

サイズは9種類、9本セットも有り

首振りソケットには9種類のバリエーションがあります。

10、12、13、14、17、19、21、22、24ミリと小径サイズも取り揃えています。

また、小径から大径までひと通り揃えることができる9本セットのパッケージもあります。

ショートソケットなのでやや奥行きは浅いです。

小径のソケットも何かと使うことがあるので、持っておいて損はありません。

個人的に12、14ミリは丸ノコの刃の交換、細いコーチスクリューなどの締め込みに使っています。

まとめ

  • 15度の傾斜で本体が当たる壁際でも作業ができる
    通常モードと首振りモードの切り替えは軸を引っ張るだけ
    軸に負担がかからず、無理な負荷をかけずに回せる
    サイズも9種類、セット品もある

斜めからソケットが入らない箇所や、桁近くの羽子板ボルトの締め込みに活躍します。

かゆいところに手が届く、素晴らしい商品です。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました