シャフトが90度まで曲がる!スターエム「フレキシブルWソケット双龍」

最大90度までしなやかに曲がるシャフトでどんな角度、方向にも自由自在。

インパクトドライバーが入らない狭いところにもビスが打ち込めます。

全長も300ミリあるのでやや奥まったところでもOK。

今までビス打ちを諦めていたところも対応可能になるアタッチメント、スターエム「フレキシブルWソケット双龍」の紹介です。

狭いところのビス打ちや、手元での作業がしやすくなるね!

 

スポンサーリンク

インパクト対応のフレキシブルシャフト

フレキシブルシャフト双龍の商品画像です
引用:スターエム公式サイト

双龍は先端が自由自在に曲がるフレキシブルシャフトです。

壁際や高いところはもちろん、インパクトドライバーが入らない入り組んだ狭いところにもビス打ちが可能。

シャフトが自在に曲がるので、今までビスが打てなかったところにも対応できるようになります。

 

締め付けすぎに注意

最新機種のフルパワーでの締め付けはソケットが壊れる原因にもなります。

モードを最強から1段階落とすなど、必要以上の負荷をかけすぎないようにして使用しましょう。

 

ソケットは使用できない

双龍にナット締めなどのソケットを付けての締め込みはNGです。

インパクトドライバーの力が十分に伝達できず、締め付け不良を起こします。

また、負荷がかかりすぎて壊れる原因にもなりますので、ソケットを付けての使用はやめましょう。

私も知らずにコーチスクリューを締め付けたことがあります。

最後まで入り込まなかった上に双龍が壊れてしまい、ワンタッチソケット機構ではなくなってしまいました…

 

最大90度まで曲がるシャフト

シャフトはやや硬めでしっかりとした作りですが、約90度まで曲がります。

無理に曲げすぎると故障の原因になるので、緩やかに曲げるようにして使いましょう。

 

 

両端ともワンタッチソケット

双龍の装着はビットが付いたインパクトドライバーにそのまま差し込むだけ。

ビット差し込み部分は両端ともビットの着脱が簡単なワンタッチソケットになっています。

装着時はビットをそのまま差し込むだけ、外す時はスリーブを引き上げてビットを引き抜きます。

 

各種ビットと組み合わせて幅広い作業に対応

これまで紹介してきたビットと組み合わせることで、狭いところや壁際の作業にも柔軟に対応可能。

おそうじアフロ君フラップホイールをつければ手元でらくに研磨作業ができます。

私も仕事中、双龍に幾度となく助けられた場面があります。

インパクトドライバーケースにぜひとも1本入れておきたいアタッチメントです。

 

まとめ

  • 最大90度まで曲がるフレキシブルシャフトでどんな場所にも対応可能
    壁際や高所、インパクトドライバー本体が入らない所で活躍
    両端ともワンタッチソケットで装着が楽
    締め付け負荷をかけすぎたり、シャフトの曲げ過ぎは故障の原因

伸縮アタッチメント「のびるーの」のように真っ直ぐではなく、柔軟性があるシャフトなのでインパクトドライバーの向きに関わらずに作業が可能です。

レンジフードの取り付けはもちろん、狭いところのビス打ちに活躍してくれること間違いなしです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました