これで迷わない!ビット交換の3つの目安を紹介!

ビットの交換のタイミングがよくわからない方、いませんか?

もったいないからと言って刃先が摩耗したまま使っていては作業の効率も上がりません。

刃先の摩耗や、ビス頭への食いつきが悪くなったら素直に変えることをおすすめします。

今回は、ビット交換の3つの目安について詳しく解説したいと思います。

とまこまい
とまこまい

迷ってる人は是非参考にしてみてください!

スポンサーリンク

どのタイミングで交換する?

ビット交換のタイミングは、基本的に3つのパターンが考えられます。

 

交換するタイミング

刃先の摩耗、変形が確認できたとき
ビス頭への食いつきが悪くなったと感じたとき
刃先が欠けたり折れたとき

それぞれについて詳しく解説していきます。

 

刃先が摩耗、変形したとき

長く使っているとビットの刃先が銀色になり、塗装がはげたような感じになってきます。

そうなると刃先線がゆがんでいたり、変形している状態であることが多いです。

その状態でつかっているとビス頭にきちんと食い込まず、締め付けてもカムアウトしてしまう現象が多発します。

仮にうまく締め込めたとしても「あと10ミリくらいで締め込める!」というときにカムアウトするなど、施工不良になることが多いです。

作業中もたまにビットの刃先をみるなど、状態を確認しながら使うようにしましょう。

 

 

ビス頭への食いつきが悪くなったと感じたとき

こういったときは大抵刃先が摩耗していたり変形していることが多いです。

摩耗や変形が確認できなくても、使いにくさを感じた時は思い切って新しくしてしまうのも手です。

うまく締め込めないと作業効率も落ちますし、ストレスも溜まります。

そうならないためにも早め早めに交換し、作業効率を保つことをおすすめします。

 

刃先が欠けたり折れたとき

ビスの折れは、たいてい大きな負荷がかかるような締めつけ作業をしている時に起こりがちです。

 

負荷がかかる作業の代表例

パネルビスのような長くて太いビスを締めこむとき
先端に切り込みがはいっていない長めのビスを締めつけるとき

こういった作業中に起こるビットの損傷を防ぐことは難しいです。

交換したばかりのビットでも運が悪ければ刃先が折れたりすることがあります。

ですので、「ビットは消耗品なので折れることもある」と割り切って使いましょう。

 

両頭ビットの刃先だけが折れた場合

両頭ビットの刃先が折れた場合、ひっくり返せば使えますがあまりおすすめできません。

刃先が折れたほうをインパクトドライバーに差し込むと、スリーブ内部での噛み込みが起きやすくなります。

噛み込みが起こるとビットが抜けなくなる原因になったり、根本から折れることにも繋がります。

私も経験があり、おそらくそれが原因で根本からビットを折ったことが今まで2回ほどあります。

幸いにも自力でなんとか取り出すことができましたが、それが無理だったら修理に出さなければならず、余計な出費に繋がります。

ですので、基本的には刃先が折れたビットは使わないほうがいいと思います。

 

まとめ

  • 交換のタイミングは以下の3パターン
    ・刃先が摩耗、変形したとき
    ・ビス頭への食いつきが悪くなったとき
    ・両頭ビットの刃先が折れたとき
    ビットは消耗品と割り切って使うこと

カムアウトしていたら効率も落ちるし、ストレスも溜まります。

ビスをたくさん打つときは使いにくいと感じたらすぐ取り替えましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました