金物締めのおともに!アネックス「四角&プラスカラービット」

プラスビットと四角ビットが1本になってたらなー、と思っているそこのあなた。

実はそんなビットがあるんです。

片方がプラス、もう片方が四角ビット。

通常時はプラスビットで作業、金物締めのときは反転させて使えます。

今回はアネックス「四角&プラスカラービット」の紹介です。

 

スポンサーリンク

プラスビットと四角ビットが1本に

四角ビットとプラスビット、2本が1つになっているので経済的なビットです。

使い分けもビットを反転させるだけ。

いちいち腰袋からビットを取り出して差し替えずに済みます。

 

ビットを2本持ち歩かずに済む

腰袋の中で出したいビットを探す手間が省けたり、クイックキャッチャーの空きスペースを使うことなく2種類のビットを使い分け。

多くの道具を持ち歩きたくないという方におすすめです。

 

 

まとめ

  • プラスビットと四角ビットが1本になった
    反転させて差し替えるだけで2種類のビットを使い分け
    ものを持ち歩きたくない方におすすめ

2本が1つになった便利なビット。

こんなビットもありますので、お好みで使い分けてみてください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました